専門学校はある特定の職業に就くことを目的として、その職業に必要とされる知識・技術・資格を身につけます。専門学校卒業後は学んだことを活かした職業を選択します。専門学校は将来就く産業形態によって「工業」「商業実務」「教育・社会福祉」「医療」「衛生」「文化・教養」「服飾・家政」「農業」の8つに分類されます。

専門学校はとにかく実習が多いです。大学と違って将来就く職業(業界)が明確なので、卒業と同時に即戦力として働けるような能力を身につけるためです。専門学校は技術系が多いので「体で覚えること」が重視されるので必然的に実習が多くなります。しかし実習は学びそこなうと大きな遅れとなってしまうので実習を欠席・遅刻・早退はできないのが基本です。また専門的すぎて他の職業では役に立たない点がデメリットとして挙げられます。

大学のカリキュラムに比べて自由度はかなり少なく、その厳しさに加え高校時代にもっていたイメージとは違ったと辞めていく人は少なくありません。しかし専門学校は明確な夢(特定の職業に就きたいという夢)をもつ生徒にとっては夢をかなえるために最も適した環境となっています。つまり夢への一番の近道ということです。

専門学校で学ぶ人はみな共通の夢を持っているため、仲間意識が強い一方で互いがライバルという状況などで切磋琢磨できる環境です。特定のことを学ぶ点では優れていますが、専門学校を卒業するとそれに関係する業界への就職することが基本です。学んだ内容が特定の職種に向けたことなので、転職のときも同じ業界内の他社を選ぶということが一般的です。

大学と専門学校の特長についてまとめました。最後の進学は学校生活だけでなく、将来を見据えて決めましょう。叶えたい具体的な夢がある場合は専門学校が良いと言えます。一方で将来に保険をかけておきたい場合は転職など自由度が高い大学が良いと言えます。

Pocket