専門学校で実技を学ぶ

専門学校はある特定の職業に就くことを目的として、その職業に必要とされる知識・技術・資格を身につけます。専門学校卒業後は学んだことを活かした職業を選択します。専門学校は将来就く産業形態によって「工業」「商業実務」「教育・社会福祉」「医療」「衛生」「文化・教養」「服飾・家政」「農業」の8つに分類されます。

専門学校はとにかく実習が多いです。大学と違って将来就く職業(業界)が明確なので、卒業と同時に即戦力として働けるような能力を身につけるためです。専門学校は技術系が多いので「体で覚えること」が重視されるので必然的に実習が多くなります。しかし実習は学びそこなうと大きな遅れとなってしまうので実習を欠席・遅刻・早退はできないのが基本です。また専門的すぎて他の職業では役に立たない点がデメリットとして挙げられます。

大学のカリキュラムに比べて自由度はかなり少なく、その厳しさに加え高校時代にもっていたイメージとは違ったと辞めていく人は少なくありません。しかし専門学校は明確な夢(特定の職業に就きたいという夢)をもつ生徒にとっては夢をかなえるために最も適した環境となっています。つまり夢への一番の近道ということです。

専門学校で学ぶ人はみな共通の夢を持っているため、仲間意識が強い一方で互いがライバルという状況などで切磋琢磨できる環境です。特定のことを学ぶ点では優れていますが、専門学校を卒業するとそれに関係する業界への就職することが基本です。学んだ内容が特定の職種に向けたことなので、転職のときも同じ業界内の他社を選ぶということが一般的です。

大学と専門学校の特長についてまとめました。最後の進学は学校生活だけでなく、将来を見据えて決めましょう。叶えたい具体的な夢がある場合は専門学校が良いと言えます。一方で将来に保険をかけておきたい場合は転職など自由度が高い大学が良いと言えます。

大学は学問を学ぶ

大学には教養課程と専門課程があり重要度は同程度となっています(ただし進級においては専門課程の履修結果が重視されます)。ここが専門学校と一番異なる点で、専門学校は専門課程の特に実技が最も重要視され教養課程は専門学校には基本的にありません。大学の教養課程では入学した学部・学科に関する学問以外の知識を身につけることになり、幅広い知識を身につけることができます。一方で専門知識を学ぶ時間が減ってしまうこと、興味がない内容を進級・卒業のために学ばなくてはいけない点はデメリットとしてあげられます。

大学では自分で自由に時間割を作ることができます。専門学校は履修する内容が決められているので自由に時間割を組むことはできません。好きなことを好きなだけ学べること、バイトや趣味のために空き時間を調整できることはメリットです。しかし自己管理ができずに怠けてしまったり、留年を安易なものとしてしまうのはこの制度のデメリットです。

さらに大学ではゼミ(研究)活動、サークル活動など学問だけでなく積極性・自主性・協調性が必要とされる活動の場も用意され社会人として大切な基礎力(素養)を身につけることができます。

大学卒業者は就職して社会に出ても学ぶことから全てが始まるため就職先を限定しません。大学で学んだことと違う仕事に就くという人が多いです。また素養があるので異業種への転職も可能です。

進学先を決めるのは夢

「入学おめでとう」という余韻が残る中、高校に入学するとすぐに次の進路のための相談が始ります。ウキウキ、ワクワクの新入生気分に水をさされてしまう上に、正直なところ大学と専門学校の違いって何だろうという状態ではありませんか?「そこから?」と先生や友達に思われそうで誰にも相談できないことだったりします。この記事ではそんな疑問を解決のサポートをします。

高校の進路指導では「大学に行っておいた方が…」と比較的大学進学を推してきます。しかしそれは大学への進学・進学率が高校の評価に繋がるという高校側の事情があります。専門学校がいけないわけではありません。大学と専門学校にはそれぞれに特長があるのでまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

突然ですがあなたには「将来〇〇になりたい」と宣言できる夢はありますか?幼稚園児に聞くような質問だと思ったかもしれませんが、意外と大人になっても大事な質問です。高校生が進学を意識したとき、自分に自答することで自分に合った進学先を見つける大事な鍵にもなります。

将来なりたいと強く願う職業がある場合、その夢を叶えるには専門学校が近道ということがあります。具体的な職業としては服飾デザイナー、美容師、Webデザイナー、プログラマーなどがあげられます。これらは職業に特化した知識と技術が必要なので、専門学校で専門な知識と技術を身につけた方が卒業後すぐに実戦に対応できます。

一方で具体的な職業ではなく「社会の役に立ちたい」や「世界で活躍したい」など仕事内容が漠然としている場合は将来に可能性を残した(なんにでもなれる)大学に進学することをおすすめします。両親などあなたよりも人生経験が豊富な人が大学進学を推すのはこのように”将来の選択肢の豊富さ”が大学進学にはあるからです。こちらのサイトでは大学や専門学校について詳しく紹介します。